志、未来へ繋ぎたい 皆様と共に行動を起こし、この危機を解決し日本の健康に貢献したいと願っています。

  • 法人概要
  • 活動方針
  • 活動について
  • 理事一覧
  • 賛助会員一覧

目次

基調講演 きみが外科医になる日

長崎大学名誉教授・長崎市民病院理事長 兼松 隆之先生

若手心臓血管外科医の日常と夢

長崎大学大学院 心臓血管外科 久冨 一輝先生

もし外科の研修医がドラッカーの「マネジメント」を読んだら

京都大学 肝胆膵・移植外科学 准教授 海道 利実先生

「添う心」~切るからには~ある外科系女子Old Typeのつぶやき

九州医療センター 肝胆膵外科部長 髙見 裕子先生

General Thoracic Surgeryの道を究めたい

長崎大学大学院 腫瘍外科 土肥 良一郎先生

特別講演 青年よ、熱き心で外科医を目指せ!

順天堂大学 心臓血管外科 教授 天野 篤先生

若手心臓血管外科医の日常と夢
長崎大学大学院 心臓血管外科 久冨 一輝先生

写真:セミナーのようす

私は、2005年に佐賀大学医学部を卒業し、長崎医療センターで初期臨床研修を受けた。 2008年に長崎大学病院心臓血管外科に入局後、大分県立病院心臓血管外科を経て、現在は長崎大学病院の心臓血管外科にいる。心臓血管外科のイメージは「かっこいい」「優しい」「冷静」など良いイメージがある一方で、「忙しそう」「きつそう」「なかなか手術をさせてもらえなさそう」「一人前になるのに時間がかかりそう」というものもある。私もかつては、「自分は心臓血管外科に向いているか?」「ハードワークについていけるのか?」「一人前の術者になれるのか?」と不安を抱えた時期はあった。それでも、後悔せずに好きなことを仕事にしたいという思いから、不安を抱えたまま心臓血管外科に飛び込んだ。

写真:セミナーのようす

 実際は予想と大きくは違わなかった。忙しいし、土日に急患があれば呼ばれるし、体力的にきついこともある。 ただ、想像以上に手術は楽しく、手術を終えたときの達成感は大きかった。心臓手術に携わる医療スタッフは、心臓血管外科医や麻酔科医だけでなく、循環器内科医や看護師、人工心肺を扱う臨床工学技士、リハビリを担当する理学療法士、薬剤師など多岐にわたる。関係者が多い分、そのチームワークと一体感は強い。心臓血管外科の領域 は、術前の状態が悪いまま行う緊急手術も多く、リスクも高い。だが、手術が成功すると劇的に体力が回復し、元の生活に戻る速度も早い。退院時に患者から「ありがとうございました」と言われると、手術の苦労も忘れて「また次も頑張ろう」というパワーにつながっていく。

私の将来の夢は「一流の心臓血管外科医になること」だ。当たり前のことを当たり前にこなし、難局に出くわしても当然のようにこなせるようになりたい。まだまだ夢は遠いが、今の自分にできること、頑張ればできそうなことを、小さな努力を積み重ねるしかないと思っている。 生まれながらの手術の天才などおらず、華やかな成功の裏にあるのは、地味で地道な努力の積み重ねだ。皆さんが外科医としての才能があるかどうかは分からないが、「外科医になりたい」という思いがあれば、それだけで外科医としての素質があると思う。 健康な体と「患者を救いたい」という思い、そして地道な努力を積み重ねる強い気持ちがあれば、きっと一流の心臓血管外科医になれるはずだ。

演者略歴

久冨 一輝先生

久冨 一輝(ひさとみ かずき) 先生
長崎大学大学院 心臓血管外科
【学歴】
1999年 長崎県私立青雲高等学校卒業
1999年 佐賀医科大学医学部医学科入学
2005年 佐賀大学医学部医学科卒業
【職歴】
2005年 長崎県私立青雲高等学校卒長崎医療センター 初期臨床研修医
2007年 長崎医療センター 外科レジデント
2008年 長崎大学病院 心臓血管外科医員 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科入学
2010年 大分県立病院 心臓血管外科主任医師
2012年 学位取得
2013年 4月 長崎大学病院 心臓血管外科 医員
2013年 9月 長崎大学病院 心臓血管外科 助教
  • 前のページへ