志、未来へ繋ぎたい 皆様と共に行動を起こし、この危機を解決し日本の健康に貢献したいと願っています。

  • 法人概要
  • 活動方針
  • 活動について
  • 理事一覧
  • 賛助会員一覧

目次

基調講演 きみが外科医になる日

長崎大学名誉教授・長崎市民病院理事長 兼松 隆之先生

若手心臓血管外科医の日常と夢

長崎大学大学院 心臓血管外科 久冨 一輝先生

もし外科の研修医がドラッカーの「マネジメント」を読んだら

京都大学 肝胆膵・移植外科学 准教授 海道 利実先生

「添う心」~切るからには~ある外科系女子Old Typeのつぶやき

九州医療センター 肝胆膵外科部長 髙見 裕子先生

General Thoracic Surgeryの道を究めたい

長崎大学大学院 腫瘍外科 土肥 良一郎先生

特別講演 青年よ、熱き心で外科医を目指せ!

順天堂大学 心臓血管外科 教授 天野 篤先生

「添う心」~切るからには~ある外科系女子Old Typeのつぶやき
九州医療センター肝胆膵外科部長 髙見 裕子先生

写真:セミナーのようす

ある心臓外科の女性医師の話が雑誌に掲載されていた。記事には「朝まで患者のベッドサイドにいて、寝ないで術後管理するのが当たり前だった」「研修医の頃は、ICUの床で寝たこともある」と書いてあった。かつては「そんなに熱い先生が世の中にはいるんですね」という感想だったが、次第に「そこまでさせられるなら外科には行きたくないです」となった。ある研修医は「そこまで傍にいられたら、患者さんもウザいっしょ?」という。

若い医師たちを外科に勧誘すると「(患者さんが)急変する診療科はイヤです」という。さらに「ヒトが死ぬ診療科はイヤです」という者まで現れてきた。ここまで来ると、外科医を増やそうとする以前に、患者さんの命を預かる覚悟がある医師をきちんと育てなければならない、 と思う。この会は「きみが外科医になる日セミナー」というが、ここでは外科の勧誘をせず、「添う心~切るからには~ある外科系女子OldTypeのつぶやき」をテーマに話す。

写真:セミナーのようす

長崎大学を卒業した私は、医師であったポンペ先生のいわば末裔だ。彼は「医師は自らの天職をよく承知していなければならぬ。ひとたびこの職務を選んだ以上、もはや医師は自分自身のものではなく、病める人のものである。もしそれを好まぬなら、他の職業を選ぶがよい」 と言った。消化器外科医として、一度患者さんにメスを入れたからには、ガンを診る医師として最後まで患者さんの傍にいたいと思っている。私がそう強く感じるのは、2人の祖母の死から学んだ。命の終わりの大切さを知るにつけ、「ホスピスの医師になりたい」と強く思った。だが、父の一言で、外科に行く決心をした。「まず治す医者になれ。そこで治せない悔しさを知ってから、ホスピスに行っても遅くない」と。なぜ、医師でもないタオル屋の父がこのような言葉を言えたのか謎だが、ともかく第二外科に入局した。

外科に入ってからも、終末期の患者さんの傍にいたかった。同僚の藤木(藤田)利枝とともに、何も食べられなくなった患者さんの望み通り病室でモツ鍋を作ったり、患者さんとともに温泉に出かけたりした。入院患者さんと福岡ドームで野球観戦したこともある。今思えば厳罰になるかもしれないことだが、当時の指導医や先輩からは「よくそこまで患者さんのことを考えてくれた」と認めてくれた。

患者さんの傍で何を望んでこれまで生きてきたのかを知ることは、終末期医療に携わる医師だけに限った話ではない。手術のために入院した患者さんの人生を知り、人柄を知ることで、患者さんが自分にとって大切な人となり、「この人にもっと生きてほしい」と思うようになる。その思いがとてつもないパワーとなって、何時間にも及ぶ手術をこなすための原動力となる。急性期病院という概念が生まれ、クリティカル・パスが浸透するにつれて、外科医が患者さんの傍に寄り添える時間は短くなってきた。だが、「切る」からには、人の死を預かる覚悟を持って患者さんに寄り添える心をずっと持ち続けたいと思っている。

演者略歴

髙見 裕子先生

髙見 裕子(たかみ ゆうこ) 先生
九州医療センター 肝胆膵外科部長

(1965年 9月24日生)愛媛県今治市出身(今治西高)

【学歴】
1988年 3月 九州大学薬学部卒業
1990年 4月 長崎大学医学部入学
1996年 3月 長崎大学医学部卒業
【職歴】
1996年5月~1997年3月 長崎大学第2外科(研修医)
1997年4月~1998年3月 九州医療センター外科(研修医)
1998年4月~1999年3月 長崎県立島原温泉病院 外科医
1999年4月~2000年3月 長崎労災病院 外科医
2000年8月~2002年3月 国立療養所村山病院 外科医
2002年 4月 九州医療センター肝臓病センター 外科専任レジデント
2002年 9月 同肝臓病センター外科スタッフ
2011年 7月 同肝臓病センター 肝胆膵外科科長
現在に至る
【主たる所属学会】
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
  • 前のページへ