志、未来へ繋ぎたい 皆様と共に行動を起こし、この危機を解決し日本の健康に貢献したいと願っています。

  • 法人概要
  • 活動方針
  • 活動について
  • 理事一覧
  • 賛助会員一覧

目次

基調講演 きみが外科医になる日

長崎大学名誉教授・長崎市民病院理事長 兼松 隆之先生

若手心臓血管外科医の日常と夢

長崎大学大学院 心臓血管外科 久冨 一輝先生

もし外科の研修医がドラッカーの「マネジメント」を読んだら

京都大学 肝胆膵・移植外科学 准教授 海道 利実先生

「添う心」~切るからには~ある外科系女子Old Typeのつぶやき

九州医療センター 肝胆膵外科部長 髙見 裕子先生

General Thoracic Surgeryの道を究めたい

長崎大学大学院 腫瘍外科 土肥 良一郎先生

特別講演 青年よ、熱き心で外科医を目指せ!

順天堂大学 心臓血管外科 教授 天野 篤先生

特別講演 青年よ、熱き心で外科医を目指せ!
順天堂大学 心臓血管外科 教授 天野 篤先生

写真:セミナーのようす

私が心臓外科医になったのは、父がきっかけだった。高校2年生の時、父が心臓弁膜症で心不全を起こし、救急車で入院した。 その姿を見て、いつか医師になって父の力になりたいと思った。浪人して日本大学医学部に入学。医学部2年生の時に、父親が僧帽弁狭窄症を患ったが、生体弁置換術を受けて劇的に回復した。 外科治療、とりわけ心臓外科の素晴らしさを間近で感じたわけだ。また研修医のころに消化器系がんの手術を見ていると、根治までに時間がかかり、再発するケースが少なからずあった。 これに対して心臓疾患の患者の場合は、手術後は比較的短期間に回復して元通りの生活を謳歌することが多かったように思う。以上の理由から、心臓血管外科になることを決めた。

心臓血管外科医になるために、いくつかの病院を受けたが、不合格になった。できるだけ手術数の多い病院を目指して、高校の先輩がいた亀田総合病院にレジデントとして就職した。 ここで初めて完成された冠動脈バイパス術と出会い、同時にこの手術は将来、本流になると思った。この病院では、同年代の外科医よりも圧倒的に多く執刀させてもらった。 ここでの執刀数がなければ、心臓血管外科医としての成長はなかったように思う。またここでは、手術の費用対効果についても考えさせられた。手術の道具を無駄にせず、必要なものに投資をしなければならないと教わった。

写真:セミナーのようす

新東京病院に移った初年度は、30症例程度の手術数だったが、無輸血の心臓血管外科手術の成功が評判となり、5年後には500症例をこなすまでになった。 この病院では、常に新しいチャレンジを続ける病院経営者や、尊敬でき憧れを持てる心臓血管外科医と出会ったことが、自分にとって大きかった。結局ここでは、10年間で約3000症例の手術をこなした。 手術結果(早期成績+遠隔成績)を出すほど、循環器内科医からの信頼も増して患者を数多く紹介してくれるようになり、その手術が成功するとさらに紹介が多くなるという好循環が生まれたことも大きかった。 その後、昭和大学横浜市北部病院の勤務を経て、2002年から順天堂大学医学部の教授として勤務を始めた。順天堂大学では当時、経営再建のために病院診療に力を入れ始めた時期で、そこに私がマッチしたようだ。

冠動脈バイパス術に懸ける

写真:セミナーのようす

冠動脈バイパス術に最初に出会ったのは、亀田総合病院にいた1985年ごろだ。90年代に心臓血管外科医の須磨久善先生と出会って世界の頂点にある心臓手術を目の当たりにして、目標を具体化することができた。 1997年に、心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプバイパス術)と出会って、ライフワークになった。2000年ごろからは、ほとんどのバイパス手術をオフポンプで実施している。

私が心拍動下冠動脈バイパス術にこだわっている背景はいくつかある。1つは、人工心肺を利用した手術よりも圧倒的に患者の死亡率が低いことに加え、10年後の遠隔成績において心停止下冠動脈バイパス術とほぼ有意差がない点だ。 2点目に、腎不全・透析患者や糖尿病患者において、心停止下冠動脈バイパス術に比べて生存率が格段に高い。3点目に、糖尿病や高血圧の患者が冠動脈バイパス術を受けても、一般的な寿命とほぼ変わらないという結果が出ている。 さらに、カテーテル治療が困難な患者にも心拍動下で安全に手術でき、バイパスが機能すると再治療の可能性が低いことなども、心拍動下冠動脈バイパス術の魅力だと言える。

心臓血管外科診療の分野で「手術が成功する」というのは、術中に患者が亡くならなかったということではない。「心臓や他の臓器に機能障害を残さなかった」「術後の生活を影響するような合併症を起こさなかった」「術前に予想された生活の質に達した」「術後に遭遇する他の病気に対して悪影響を与えなかった」ということだと思う。 かつて、今上天皇陛下の冠動脈バイパス術を執刀した後、成功したと思ったのは、手術後すぐではなく、陛下がご公務にご復帰されたまさにその時だった。また、患者だけではなく、家族の健康にも配慮したい。 心臓疾患を抱える患者の闘病中に家族が疲れきってしまうようではだめだ。そのために手術を早く(soon & quick)、安く(low cost & unwasted)、うまく(skillful & good-looking)実施するよう心掛けている。

演者略歴

天野 篤先生

天野 篤(あまの あつし) 先生
順天堂大学 心臓血管外科 教授

(1965年 9月24日生)愛媛県今治市出身(今治西高)

2013年1月18日現在

生年・年齢
1955年10月生まれ(満57歳)
学 歴
1974年3月 埼玉県立浦和高等学校卒業
1983年3月 日本大学医学部卒業
1983年5月 医師国家試験合格
学 位
2001年4月取得
職 歴
1983年6月~1985年5月 関東逓信病院臨床研修医(現 NTT東日本関東病院)
1985年6月~1991年3月 亀田総合病院心臓血管外科(1989年~心臓血管外科医長)
1991年4月~2001年3月 新東京病院心臓血管外科(1994年~心臓血管外科部長)
2001年4月~2002年6月 昭和大学横浜市北部病院循環器センター(センター長・教授)
2002年7月~現在 順天堂大学大学院医学研究科 心臓血管外科学(教授)
(併任)順天堂大学医学部外科学教室 心臓血管外科学講座(教授)
【専門分野】
虚血性心疾患(Off-pump冠動脈バイパス術)
弁膜症(弁膜症再建外科)
■通算手術数 約6,000例
冠動脈バイパス術 4,000例以上(うちOff-pumpバイパス術 3,000例以上)
【学会指導医等】
日本胸部外科学会指導医、日本外科学会専門医・指導医、日本循環器学会専門医など
【所属学会】
AATS(American Association for Thoracic Surgery)、米国STS(Society of Thoracic Surgeon)、アジア心臓血管外科学会、日本心臓血管外科学会、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓病学会、日本冠動脈外科学会、日本冠疾患学会、日本循環器学会、Best Doctors Japan medical advisory board など
【賞】
2012年5月 千葉県松戸市より、松戸市民栄誉賞授与
2012年10月 埼玉県蓮田市より、蓮田市民栄誉賞授与
2012年11月 埼玉新聞社より、埼玉文化賞(社会文化部門)授与
  • 前のページへ